真皮 成分

真皮を構成する成分とは

皮膚の構造として、まず一番表側に表皮があり、その下、つまり内部に真皮がある、ということは既にお話しましたので皆さんもうおわかりですよね。それを元に前回は表皮の構造についてお話してきましたが、次は表皮の下、皮膚の大本ともいえる真皮の構造についてお話していこうと思います。

 

真皮は大まかに言って『コラーゲン』、『ヒアルロン酸』、『エラスチン』の三つの成分で構成されています。もちろん他にもリンパ管や血管、神経や汗腺、皮脂腺などもありますが、真皮を構成している成分というと上記の三つが主になります。

 

この三つの成分は、男性でも女性で年齢を問わずほとんどの方が聞いたことがある言葉ではないかと思います。皮膚の弾力のもととなるコラーゲン、お肌の潤いを保持してくれるヒアルロン酸、エラスチンは、まあこの二つに比べるとあまり耳にする機会は少ないかもしれませんね。

 

そしてまずコラーゲン。真皮の約70%がコラーゲンで構成されています。真皮にあるコラーゲンの線維は非常に弾力があり、例えて言えばまるでゴムのような強い弾力を持っています。この弾力がすなわちお肌のはりや弾力となり、美容にとっては欠かせない存在です。

 

次に、ヒアルロン酸。ヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンで構成された網目状の隙間を埋めつくし、お肌に水分を保ちうるおいを実現する役割を担っています。

 

最後にエラスチン。エラスチンとはコラーゲンとともに皮膚の弾力を維持する役割を持つ弾力線維で、真皮の中を張り巡らされているコラーゲンを結びつけ、支えている存在です。

 

 

<< 真皮とは │ トップページに戻る │

真皮を構成する成分関連ページ

真皮
皮膚を運営しているのが真皮です。真皮には毛細血管、毛根、皮脂腺、エクリン汗腺など皮膚の主な組織は全てここに集まっています。ここでは皮膚の重要な部分である真皮について解説します。

このページの先頭へ戻る