皮膚とは

皮膚について

皮膚とは何か?

あなたは皮膚について悩みはないでしょうか?

 

ニキビができたりしみやしわが出来たり、かと思えば美白への努力が実を結び白くキレイなお肌を取り戻せたりハリがよみがえったりと、皮膚に対する悩みや思いは尽きない。そんな方が多いのではないでしょうか。

 

昔はお肌のケアをするのは女性が主でしたが、現代では男性でもエチケットとしてお肌のケアを行っている方が多くなっているようです。肌への関心は男女問わず誰しもが等しく持っているものだとおもいます。

 

さて、そんなお肌とはいったい何なのでしょう。

 

どんな働きをしているものなのでしょうか?

 

お肌は顔だけではなく私たちの体を覆い、外界の刺激から守ってくれていますが、他にどんな役割があるのでしょうか。

 

お肌、つまり皮膚とは体の表面を覆っている組織という意味を持っています。体の表面を覆い、体内組織を外界から区切り保護する役割を持ち、また生体を維持するための排泄や呼吸、体温調節などを行っています。

 

皮膚とはただたんに美のためにあるものではなく、人が人らしく生きていくためになくてはならないものなのです。

 

ちなみに皮膚とは表皮、真皮、皮下組織の3層で成り立っていて、それ以外にもムダ毛にとって非常に重要な組織である毛包や皮脂分泌と深い関係を持つ脂線、つめなど様々な物質で構成されています。

 

また豆知識ですが、爪や頭髪は表皮がその姿を変えたものなので、爪や頭髪の状態を見ればその人間の表皮の状態を知ることが出来るそうです。爪や頭皮は、皮膚とは固さも形状も全く違いますので、まさに驚きです。

綺麗な皮膚になる方法

皮膚とは何か?

あなたは綺麗な皮膚になる方法をご存知でしょうか。

 

肌が綺麗な人を見ると、吸い込まれそうになるほど美しいものです。肌が光っているようで、宝石以上のものがあります。そんな綺麗な肌になるには2つの方法があります。

 

身体の中から皮膚が健康になるための栄養素を与える方法、それと身体の外から皮膚に栄養を与える方法です。この内と外から健康で生き生きとした肌に育てていくのです。

 

肌にはどのような栄養素が必要なのか知り、実践することで肌荒れも自然と解消していきます。

男性の皮膚の悩みについて

皮膚とは何か?

皮膚と言えば女性が悩むこと。男性は皮膚で悩むことはない。

 

そう思っている人もおられるかもしれません。

 

しかし、男性こそ皮膚で悩んでいる人も少なくはないのです。

 

顔の皮膚ではありません。

 

あそこの皮膚です。

 

そうです。

 

男性の重要な部分の皮膚。

 

日本人の70%の男性は実は包茎の悩みを抱えています。

 

一見すると男らしく自信満々のように見えても、皮膚が余っていると、どこかの片隅に完全な自信を持てない部分を男性は持っているのです。

 

かと言って、体を鍛えたりサプリメントを飲んでも余った皮膚を縮めることはできません。

 

やはり信頼のおける先生に見てもらうことが手っ取り早く、そして確実です。

 

ただし、だれにみてもらうか、これはとても重要です。

 

その業者に名前が知られた先生に見てもらうことが大切なのです。

 

おすすめの先生は誰ですか?と聞きたい人もおられると思いますので、最後にご紹介しておきます。

 

本田ヒルズタワークリニックの本田昌毅先生です。

 

この先生は有名で、なかなか予約がとれないということでも知られています。

 

まず、この先生に見てもらう。これがおすすめです。

<< 真皮 │ トップページ │ 表皮 >>


このページの先頭へ戻る